ふゆののんびりにっき。

日々楽しく!30代パート主婦の節約・育児・日常のこと

【懸賞】@cosmeでファンデ&メイクブラシセットが当選しました!

@cosmeのファンデ&メイクブラシセットに当選しました!

 

@cosmeのプレゼントキャンペーンには時々応募していましたが、当選するのは初めて。

家にいるときに身に覚えのない宅配が来て、初めて「応募したんだったかな…」と思ったくらいでした(;´∀`)

 

今回当選したのはファンデーションとメイクブラシのセット。

懸賞が当たるのは久しぶりなので嬉しい!

なんでも応募してみるものですね。 

 

@cosmeのプレゼントモニターにはコインが必要なものと不要なものがあって、私はコインが必要なものには応募したことがありません。

コイン不要のものでもちゃんと当選できるんですね。

とっても嬉しかったです。

 

 

@cosmeのプレゼントは毎月1・9・17・24日更新

ファンデーションやマスカラ、美容液やボディソープなどの商品が多いです。

 

プレゼントキャンペーンへの応募には@cosmeの会員登録が必要ですが、会員登録や応募に費用はかかりません。

また、会員になると各商品の口コミを書くことができますが、私は今まで口コミを投稿したことがありません。

だから、当選するかどうかに口コミの件数などは関係ないと思います。

(なんとなく、口コミが多い方が企業側も安心すると思うので、投稿している口コミの件数が多い方が当選確率は高いのかな? とも思うのですが)

 

でも、せっかく当選したので、使わせてもらったら口コミを投稿してみたいと思います。

ありがとうございました(*^^*)

 

 

プレゼント&モニター -@cosme(アットコスメ)-

アットコスメのプレゼントページはこちらです。

【北海道旅行レポ・2】富良野観光:ふらのワインとファーム富田のラベンダー畑

今日は北海道旅行レポの富良野観光編です。

実はこの記事、書きかけで誤って削除してしまったのですが、なんとはてなブログって記事一覧のページに「ごみ箱」というフォルダがあるんですね。

そこから無事に復旧することができました( ;∀;)良かった~!

 

ふらのワイン工場でワイン試飲

まずはふらのワイン工場へ。

こちらはさほど大きくない建物で、15分ほどで見て回ることができました。

 

2階には試飲コーナーがあり、2種類のワインとぶどうジュースを試飲することができます。

運転のためアルコールが飲めない夫はぶどうジュースを飲んでいました。

ぶどうがぎゅっと濃縮されたような濃厚さで美味しかったです。

 

工場の周りには丘があり、ラベンダー畑になっていてそちらも綺麗でした。

 

試飲の種類も2種類(ぶどうジュースを入れると3種類)、工場見学もなしなので、少し物足りない感じはありましたが、ちょっと立ち寄って休憩するのに良い感じでした。

夜はラベンダー畑のライトアップもされているそうです。

 


 

ファーム富田のラベンダー畑

北海道のラベンダー畑について調べていると、必ず名前を見かけるファーム富田

とっても広くて見応えのあるラベンダー畑でした!

 

入口から歩いてすぐの場所にファーム富田の看板がありました。

ラベンダー以外の花も植えられています。

 

高台に上がるとこんな景色が見られます。

すごく綺麗でした!

 

園内はかなり広く、汗だくになりながらも楽しく見て回ることができました。

観光客が多いのも納得です。

 

園内には、レストランやお土産物屋さんが数店舗あります。

コーンクリームコロッケを買って食べたらコーンがごろごろ入っていてとってもボリューミーでした。

ほかにも、ラベンダーソフトクリーム、ラベンダーカルピスゼリーなど、ラベンダーに関する商品も多かったです。

たくさん歩いて汗をかいた後に食べるソフトクリームは、これまたとっても美味しかったです!

 

お土産も充実していたので、友達へのお土産にラベンダーのサシェを買いました。

自分用にはラベンダー色の今治タオルを買いました。

使うたびに旅行のことを思い出せそう。

 

本当に思い出に残る美しい景色でした。

行くことができて良かったです(*^^*)

 

 

とみたメロンハウス

ファーム富田のすぐお隣に、とみたメロンハウスがあります。

せっかくなので入ってみることにしました。

 

こちらのメロンハウスでは、富良野メロンを食べることができます。

1/8のカットメロンのほか、半分のカットメロンもあります。

 

私は半分のカットメロンを買って夫と分けました。

甘くて美味しかった!

トッピングで生クリームを載せてもらえるようですが、なくても全然甘くて美味しくいただけるお味でした。

 

でも、ファーム富田とこちらのメロンハウスは経営が違うのかな?

ファーム富田ととみたメロンハウスの間の道に、とみたメロンハウスからの持ち込みは不可という張り紙がありました。

お土産を買うときは気を付けた方がいいかもしれません。

 

 

ファーム富田のラベンダーイースト

ファーム富田から車で5分ほどの場所に、ラベンダーイーストというラベンダー畑があります。

 

知人に「ラベンダーイーストの方が落ち着いて見られたよ!」という情報をもらっていたので行こうと決めていたのですが、カーナビに入れるため公式ホームページで住所を探すもなかなか見つからない…。

やむなく駐車場から出ると「ラベンダーイーストはこちら」という看板が立っていたので、そちらを参考に行くことができました。

 

しかし、今見るとファーム富田のホームページにアクセスマップが載っていますね。

スマホで慌てて調べていたので見つけられなかっただけのようです(;´∀`)お恥ずかしい…

住所をGoogleで調べたところ、ファーム富田が〒071-0704 北海道空知郡中富良野町基線北15号、ラベンダーイーストが〒071-0526 北海道空知郡上富良野町東6線北16号 071-0526 北海道空知のようです。

 

ラベンダーイーストはファーム富田に比べて人が少なく、ゆったりラベンダーを楽しむことができました。

トラクターが座席を引きながら園内を走るラベンダーバスというものもありました。

 

ちょうどバスが出発したばかりだったので私は乗りませんでしたが、ゆっくり走ってくれているので気持ち良さそうでした。

なんと乗車料金は200円! さらに、ファーム富田のレストランで食事をしたレシートを見せると、300円ごとに1名分の乗車料金が無料になるとのこと。

ファーム富田もラベンダーイーストも、入場料も駐車場代も無料で、観光客としてはとてもありがたいです。

 

  

富良野チーズ工房

富良野観光の最後は富良野チーズ工房へ。

 

建物に入るとすぐに、ガラス張りの部屋があり、その中で職人さんがチーズを作っているのを見ることができます。

職人さんは愛想が良くて、私がカメラを持っているのに気付き、チーズを片手に近寄ってきてポーズを決めてくれました。嬉しかったな。

職人さん、ありがとう!

 

2階に上がるとチーズの試食ができます。

これがとても美味しかったです!

自分用のお土産に欲しかったのですが、まだあと何日か旅行が続くため、こちらでは購入しませんでした。帰る日なら買えるのですが…。残念です。

ワイン入りのチーズなどもあって、見ていて楽しめました。また食べたいなあ。

 

富良野チーズ工房にはレストランが併設されており、ピザが食べられます。

本当はここで食事をとるはずだったのですが、朝食を食べ過ぎてしまいお腹が減らず断念…。

調べていると、ピザが美味しいという口コミをよく見かけたんですよね。

今度来ることがあれば、ぜひお腹を空かせて来て、噂のピザを食べてみたいと思います!

 

富良野チーズ工房 - Top Page-

 

 

これにて富良野観光は終了です。

今回の旅の目的だったラベンダー畑に行くことができて本当に良かったです!

次回は美瑛観光編です。

 

ジクソーパズルなんてあるんですね。ほ、ほしい…。

【赤いサイロ】カーリング娘で噂のチーズケーキ。思ったよりあっさりで美味しい!

北海道旅行レポの途中なのですが、赤いサイロの記事です。

(赤いサイロが美味しかったことと、間違えて2日目のレポを削除してしまったことが理由です…)

 

北海道旅行の実家用のお土産として、赤いサイロを買いました。

母と一緒に食べましたが、美味しかった~!

今日は赤いサイロのお話です。

 

 

赤いサイロは、北海道北見市の銘菓。

カーリング女子のもぐもぐタイムで一躍有名になりました。

JALのスーパーシート茶菓に採用されたこともあるんだとか。

 

平昌五輪が今年の2月だったので、あれから5か月も経ったしそろそろブームも沈静化されただろうと思いきや。

オリンピックが2月だったので、あれからもう5か月も経っているしブームも去ったかと思いきや、まったくそんなことはなく。
同じ7月に北海道に行った知人は「欲しかったのに買えなかった…」と言っていました。
今回私が買えたのはラッキーだったようです。

 

こちらの赤いサイロ、お値段は5個入りで840円。
1個ずつ個包装されています。

 


開けてみると、思ったより小さめサイズ。
コーヒーを淹れて、早速食べてみました。

 

気になるお味は…濃厚だけど、しつこくない!


同じチーズケーキでも商品によってまったく系統が違いますが、ドゥーブルフロマージュを「濃厚・ずっしり」、りくろーおじさんを「ふんわり・あっさり」だとすると、赤いサイロは中間の「濃厚・あっさり」です。


確かにこれは試合の途中に食べても大丈夫な軽やかさ。
お腹にずっしり溜まる感じがしません。
そして、コーヒーに合う!

 

1個で終わるつもりでしたが、母と「もう1個いっちゃう?」と話し、2人とももう1個ずつペロリ。
残った最後の1個は母のおやつに残して帰ってきました。

 


赤いサイロの賞味期限は2週間程度
日持ちするので北海道旅行のお土産にちょうど良いですね。

 

母に「もう1回食べたいな。通販で買えないかな?」と言われて調べてみましたが、なんと楽天では売り切れだったり9月以降の発送になると書かれていたりで、なかなか買えないようでした。

同時期に北海道に行った知人は、「新千歳空港で買おうとしたけど、午前中に完売したと言われて買えなかった」と言っていました。


私は函館空港で11時半ごろ買いました。

まだ10箱くらいは店頭に陳列されていたと思います。

それでも、「品薄のため、お1人様1個まででお願いします」とポップに書かれていました。

 

これってやっぱりもぐもぐタイムの影響ですよね?
テレビの影響ってすごいですね。

 

 


噂の赤いサイロ、一度食べてみたかったので、食べることができて良かったです。
濃厚だけど軽いおやつにぴったりな話題のお菓子。
ごちそうさまでした(*^^*)